キャッシングの返済が遅れると遅延損害金が発生し、通常よりも高い利率で余計な利息が取られます。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

返済が遅れてしまった遅延損害金はいくら?

カードローンの返済は計画的に行うものですが、時として今月は返済が遅れそう・・・なんてこともあるでしょう。どうしても遅れる場合は仕方がないですが、そのリスクとして遅延損害金という損害賠償が発生することは理解しておく必要があります。

遅延損害金の仕組みを知る

遅延損害金は返済期日の翌日から、遅れた日数分だけ発生します。つまり返済を行う時には、元金+利息+遅延損害金を返さなくてはならないということです。

遅延損害金は利息制限法の1.46倍までという規定になっているので、遅延損害金は通常の金利よりも高くなります。遅延損害金の上限は以下のように設定されているので確認しておきましょう。

遅延損害金の具体例

借入額10万円未満の場合の遅延損害金は年利29.2%、10万円以上100万円未満は年利26.28%、100万円以上は年利21.9%です。多くのカードローンでは平均して遅延損害金を年利20%と設定していますが、20%以上の損害金が取られる可能性もあるため注意しなくてはなりません。

例えば、5万円を借りて10日返済が遅れてしまった時の遅延損害金29.2%とすると、損害金は約400円になります。積もり積もれば大きな出費となるので万が一遅れてしまった時には早く返すようにしましょう。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る