おまとめローンで多くの借り入れを一本化をし、金利を低下させるためのポイントと借り方です。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

おまとめローンで一本化

複数のキャッシング利用がある方にとって大変助かるのが、おまとめローンです。多くの借り入れを1社にまとめる借り方となり、毎月の返済にかかる手間の削減、金利による利息負担の軽減が主な目的となります。

おまとめローンを利用すれば、現状の借り入れによっては金利が大きく低下する可能性もあり、月々の利息負担も万単位で変わってくるケースも多々あります。特に現在の借り入れが複数業者の合計で総額100万円以上ある方は、おまとめローンによって金利が大きく低下することが考えられます。

今後の返済を楽に進めるためにも、多くのキャッシングをより早くに完済をするためにも、おまとめローンに適する借り入れ先を、しっかりと確認をしておくと良いでしょう。

おまとめローンに対応するサービス

おまとめローンで借りるために

おまとめローンとして借り入れを利用するためには、対応するカードローンやキャッシングの利用をしなければなりません。多くの金融機関や消費者金融ではおまとめローンに対応をしていますが、一部ではおまとめローンをあまり行わないところもあるので、注意が必要です。

以下に一覧でおまとめローンに対応する借り入れ先、利用先をまとめましたので、重要となる金利面を中心として比較をしてみると良いでしょう。

借り入れ先 金利
実質年率
限度額
極度額
審査時間
オリックス銀行
カードローン
年利3.0%~17.8% 限度額
最高800万円
最短
即日回答
千葉銀行
カードローン
年4.3%~14.8% 極度額
最大500万円
最短
即日回答
三井住友カード
ゴールドローン
3.5%~9.8% 700万円
まで
最短
1日
イオン銀行
カードローン
年3.8%~13.8% 極度額
最大800万円
最短
即日回答
東京スター銀行
おまとめローン
年5.8%~14.8%
(保証料を含みます)
30万円~
1,000万円
最短3日
(仮審査)
モビット 実質年率
3.0%~18.0%
1~
800万円
10秒
簡易審査

おまとめ対応の低金利カードローン

第00位
おすすめ度:★★★★★
三井住友カード ゴールドローン
おまとめとしても借りられる
三井住友カード ゴールドローン
実質年率限度額審査時間資金使途
3.5%~9.8%700万円まで最短1日自由
利用枠によって分けられている金利は、通常であっても他と比べても低水準となりますが、さらに利用実績に応じて年間0.3%、最大で1.2%の引き下げが行われます。仮に50万円の利用枠であれば金利は実質年率9.8%の適用となりますが、利用実績によって5年目には8.6%まで引き下げられます。大きな金額を借り入れ、少しずつ長期に渡って返済を進めていくおまとめローンとしての利用に適する、頼れるカードローンとなっています。

▼おまとめ利用意の注意点

消費者金融モビットを含めた上記の借り入れ先では、商品としてのおまとめローンは用意されておらず、借りたお金をおまとめ一本化として使います。申し込みの仕方や審査の受け方は通常のカードローンキャッシングと同様に進められますので、ネットで来店不要の手続きも可能です。

単純な上限金利だけを見ない

上記の表を見ると、オリックス銀行カードローンは銀行の中でも上限金利が高くなっているため、おまとめに適さないように感じてしまいます。少額の融資では金利で見劣りするのは事実ですが、オリックス銀行カードローンを含む銀行からの借り入れの場合には、限度額に応じて金利帯が変わるものが多いです。

100万円未満の借り入れなら金利はそこまで下がらないとしても、100万円以上をオリックス銀行カードローンから借りるのであれば、金利条件は段階的に変わっていきます。そのため、おまとめローンとして利用する予定の金額に対応する金利帯を見ておかないと、適するおまとめ利用を見逃してしまう可能性があるのです。

オリックス銀行カードローンのコース

コース 限度額 年利
100万円未満コース ~100万円 12.0%~17.8%
100万円コース 100万円 9.0%~14.8%
150万円コース 100万円~150万円
200万円コース 150万円~200万円 6.0%~12.8%
300万円コース 200万円~300万円
400万円コース 300万円~400万円 4.5%~8.8%
500万円コース 400万円~500万円
600万円コース 500万円~600万円 3.5%~5.8%
700万円コース 600万円~700万円
800万円コース 700万円~800万円 3.0%~4.8%

仮に180万円のおまとめローンをオリックス銀行カードローンで利用するとすれば、適用される金利は年利で6.0%~12.8%となります。貸付条件の年利3.0%~17.8%ばかりを見てしまうと、上限金利で比較をしても5.0%も差があるのを見逃してしまうことになり、有利な借り入れに気付かない可能性も出てくるのです。

また、他の銀行からの借り入れであるイオン銀行カードローンも住信SBIネット銀行カードローンも、同様に極度額によって金利が変わります。大きな枠となればなるほどに金利も下がりますが、審査基準も厳しくなるので注意が必要です。

おまとめローンで期待が出来る差

おまとめローンを利用する際に気になるのが、どの程度の負担の差が生まれるかです。返済先が1社で済む、毎月の支払いが一回で済むだけでも十分なメリットがおまとめローンにあるとも言えますが、どうせなら負担も軽くしておきたいものです。

大雑把なケースとなりますが、細かく複数から借りているキャッシングと、まとめた際の利息の差を、30日間の負担として一覧にしましたので、参考までに見ておくと良いでしょう。

「おまとめ前」に関しては、合計での金額で利息を算出していますので、参考数値となります。また、差を分かりやすくするため、限度額ごとに細かく金利が設定されているオリックス銀行カードローンでおまとめをしたとして計算をしています。

借り入れ
総額
それぞれ
18.0%
それぞれ
15.0%
おまとめローン後
100万円超 14,794円 12,328円 7,397円~12,164円
150万円超 22,191円 18,493円 7,397円~15,780円
200万円超 29,589円 24,657円 9,863円~21,041円
300万円超 44,383円 36,986円 11,095円~21,698円

▼おまとめ前後の比較について

100万円以上の限度額となると、金利が高いとされる消費者金融でも、金利は上限で15.0%となります。300万円超でそれぞれの借り入れ金利が18.0%は現実的ではありませんが、段階的な比較、参考数値として上記の表には掲載をしています。

100万円以上のおまとめが理想

オリックス銀行カードローンでおまとめローンとして利用をするとするなら、借り入れ総額が100万円以上ある場合の方が金利負担の軽減が期待出来ます。少額のおまとめでも返済先をまとめられる利点がありますが、返済負担の軽減を目的としておまとめローンを使うのであれば、やはり大きな金額の方が有利な条件で借りられる可能性があります。

細かい金額のおまとめ一本化を考えているなら、他の低金利ローンである住信SBIネット銀行カードローンを使うなどを検討した方が良い場合もあります。低金利のために審査は厳しい傾向にありますが、上限金利がプレミアムコースなら年7.99%ですので、消費者金融からそれぞれ上限金利で借りている方の場合には、利息負担が軽くなります。

おまとめローンとして使う場合も、単純に金利が低くなればそれだけ審査は厳しくなります。収入の安定性はもちろん、雇用形態や勤続年数なども含めて総合的に判断がされますので、不安に感じる方は低金利カードローンは見送ることも考えておきましょう。

直近の返済とおまとめローン審査

おまとめローンの審査に通るためには、直近の返済が正常に出来ている、現状の支払いも問題なく行われているのが最低条件となります。多くの金融機関で直近6ヶ月間の返済履歴は審査の際に重視をしていると言われているため、ここ半年の間に支払いが遅れてしまった、不足入金をしてしまった方では、おまとめローンの審査に通るのは難しいでしょう。

おまとめローンはあくまで借り換えであり、借金を整理するものではありません。貸し付けた業者はしっかりと返済をしてもらわなければならないため、過去も現在も返済が正常に行われていない方には融資は実行しません。

そのため、今現在、既に返済が出来なくなっている方は申し込みをしても無駄ですので、おまとめローンの審査を受けるためには、返済が滞りなく不足入金なく出来ていることが最低条件となるのです。

おまとめローンは有効な借り入れの方法ですが、借りた後は当然ながらしっかりと返済をしなければなりません。よく考え、無理のない返済計画で利用をしていくことが、おまとめローンを成功させる大きなポイントとなるでしょう。

おまとめ対応カードローン
第0位
おすすめ度:★★★★★
オリックス銀行カードローン
おまとめも借り換えも利用可能
オリックス銀行カードローン
年利借入限度額審査時間所得証明
3.0%~17.8%最高800万円最短即日300万円まで不要
業界最低水準の金利と高い限度額で、おまとめや借り換えにも使える人気のカードローンです。利用限度額が上がるごとに金利が下がるコースを採用しているため、多くの金額をまとめる借り方となると、より低金利で借りられる可能性があります。カードローンのために繰り返しの利用ももちろん可能で、全国のコンビニや銀行に設置の提携ATMでは、カード利用が時間や曜日を問わずに終日無料でお得に使えます。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る