キャッシング利用時に必要となる収入証明も、プロミスなら一定額まで不要としています。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

プロミスは収入証明が必要なのか

キャッシングはなるべくなら手軽に利用したいもので、必要書類は少なければ少ないほど、利用者側としては有難いです。本人確認書類が必要なのは仕方無いとしても、多くの方が気になるのが所得を証明する収入証明が必要なのか、または不要なのかではないでしょうか。

本人確認書類については、特に意識や用意をしなくとも大体は財布に1枚は入っているもので、提出を求められても戸惑うことなく、手間も時間もかけずにサッと提出が出来ます。しかし、収入証明となると話は別となり、常に所得を証明する書類を持ち歩いている方は決して多くは無いです。

寧ろ、多くないどころか常に持っている方は、限りなくゼロに近いのではないでしょうか。

もしプロミスの契約で収入証明が必要となるのであれば、別途用意をしなければなりません。無ければ契約が出来ずに借り入れも出来ませんので、必要なら必要で予め用意をしておかなければならなくなります。

提出が必要であるとしても、収入証明として所得の証明が出来る書類もどのようなものがあるのか、プロミスでは何が証明として認められているのかも知っておけば、よりスムーズに契約が出来るようになるでしょう。

借り入れ金額次第で必要となる

プロミスの場合には契約金額が50万円超になる場合、または他のキャッシングを利用していて、プロミスの借り入れを行うと合計で100万円を超える場合に収入証明が必要となります。30万円の契約や、他所から借りているとしても合計金額が80万円などであれば、原則として収入証明は契約時には必要ありません。

審査結果や契約内容によっては別途必要な場合もありますが、基本としては上記の「50万円超」か、「他社合計で100万円超」の場合にのみ、プロミスでは収入証明が必要となります。

収入証明として認められている書類

「源泉徴収票」「確定申告書」「税額通知書」「所得証明書(課税証明書)」「直近2か月分の給与明細書」となり、それぞれの書類には若干の指定があります。また、直近1年間で賞与を得ている方は、直近2ヶ月分の給与明細書に加え、賞与明細書も必要となります。詳しい書類の指定や有効書類につきましては、プロミス公式サイトでご確認下さい。

貸金業法によって決められている提出基準

現在の消費者金融から借りるキャッシングにおいては、貸金業法によって収入証明の提出を義務付けています。そのため、どこの消費者金融から借りるにしても、上に挙げた水準を超えた借り入れの場合には、収入証明は必ず必要となります。

しかし、貸金業者ではない銀行の場合には異なり、例えば100万円まで収入証明不要なイオン銀行カードローンBIGのように、銀行カードローンの場合には大きな金額でも提出を不要とするところが多くなっています。

また、消費者金融の中には独自に提出基準を設けているモビットのようなところもあり、借り入れ金額や他の利用状況問わず、モビットを利用する際には収入証明が必ず必要となるなど、少し面倒になってしまう借り入れ先も存在しています。

プロミスの初回契約時の限度額

大きな金額を借りると収入証明が必要なプロミスも、初回の契約においては大体が20万円前後の限度額となるため、よほど他の借り入れが多くない限りは収入証明は不要で契約が出来ます。

契約後の限度額増額時に50万円以上の枠を希望するなら必要となりますが、はじめて借りる際には上記の基準を超えなければ、収入証明は特に必要とはしないのです。

第00位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
安心して契約が出来る大手サービス
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
収入証明が必要となると途端にハードルが上がるように思えるキャッシングも、プロミスなら大きな金額を借りない、他所からたくさん借りていないのであれば、初回は不要とする場合が多いです。だからと言って申し込み内容に年収の嘘をつくとマイナス評価となり、審査落ちの可能性が上がってしまいますので、申し込み内容の記入、入力については正確にミスなく行って下さい。また、限度額の増額等で大きな金額を借りる際には、収入証明が必要となります。

来店不要でプロミスの即日融資を利用する際には、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

トップへ戻る