個人事業主や自営業の方がお金を借りる際には、総量規制の例外となる場合があります。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

事業主が事業資金として借りるなら

個人事業主や自営業の方が融資を受ける際には、借り方によって借り入れ先の選び方が変わってきます。ただ単に個人としての生活費が必要なのか、または事業資金としての利用なのかによって変わり、現在の自身の借金状況によっても変わってきます。

個人が借りる範囲であり、年収の3分の1を超えていない借り入れであれば、通常のカードローンやキャッシングの利用も視野に入ります。大手消費者金融であるプロミスアコムでも、総量規制で定める年収の3分の1を超えていないのであれば、申し込みが出来ます。

対して、事業のための借り入れであり、年収の3分の1を超える利用を考えている、超える可能性がある場合には、個人事業主のための専用ローンを利用するべきです。事業での借り入れは一定の条件を満たすと総量規制の例外となるため、年収の3分の1以上であっても審査の結果次第では借りられる可能性があります。

個人事業主であれば様々な資金が事業としての利用となるため、事業主の方がお金を借りる、融資を受けるのであれば、幅広く事業資金として使える事業主向けのカードローンを利用すると良いでしょう。

事業資金は限られていない

事業資金融資

事業資金と聞くと何だか難しく感じてしまいますが、簡単に言えば普段の事業でかかるお金全般を指します。個人事業主であれば日々の事業にかかるお金となるため、何らかの支払いにしても自身や従業員への給料の支払いでも、全て事業資金となります。

単純に個人事業主が借りるお金は、明らかに個人が使うであろう趣味としての借り入れでなければ、事業資金として認められるケースがほとんどです。事業資金と言っても借りるたびに申告をする必要もありませんし、今後の継続的な借り入れとしても、個人事業主向けのカードローンは便利です。

最低限の本人確認書類や決算書等があれば手続きが出来るので、個人事業主融資のカードローンなら手軽で素早く現金の借り入れが出来るのです。

個人事業主の融資として人気のカードローンは、一般的な消費者金融や銀行からの借り入れと同様に、限度額内で繰り返しの利用も出来ます。融資対象が個人か事業主かの違いだけで、借り入れや返済に関しては同様となります。

事業資金融資なら総量規制の例外

個人事業主がお金を借りる、事業資金融資としてカードローンの利用をする際には、年収の3分の1までに借り入れが制限される総量規制の例外にあたる場合があります。以下の条件を満たす場合に限られますが、必要な書類の用意があれば例外としての融資も可能となります。

総量規制の例外となる貸付

(1)直近の確定申告書の提出
(2)収支計画や資金計画の提出
(3)返済能力を超えない借り入れ

これらの条件を満たした場合に限り、総量規制の例外としての融資も可能となります。収支計画や資金計画書はテンプレートがネット上には多数ありますので、ダウンロードをして入力をすれば比較的簡単に作成が出来ます。

総量規制の例外となれば事業に必要なまとまったお金も、年収の3分の1を超えて借りられるようになります。あくまで審査の結果次第ですが、個人事業主が様々な用途でお金を使いたいのであれば、各種書類をしっかりと用意し、申し込みを進めると良いでしょう。

人気の個人事業主融資カードローン

第0位
おすすめ度:★★★★★
ビジネクスト
来店不要の郵送契約も可能
ビジネクスト
実質年率新規融資額担保保証人
8.0%~18.0%1~500万円不要原則不要※
個人事業主キャッシングにも、法人の借り入れにも、事業性資金融資なら資金使途が自由となるアイフルグループのカードローンキャッシングです。契約後の利用は限度額内で繰り返し自由に行えるため、通常のキャッシング同様に、困ったときには再申し込み不要ですぐに現金を調達出来るのです。申し込みから契約まで来店不要で進められ、高い利便性が魅力の借り入れ先となります。
※法人の契約の際には、代表者が保証人となります。
第0位
おすすめ度:★★★★★
オリックスクラブカード
経営者や個人事業主専用
オリックスクラブカード
実質年率限度額担保保証人
6.0%~17.8%最高500万円不要不要
経営者・個人事業主専用のオリックスクラブカードは、申し込みから最短60分での審査回答最短即日での融資にも対応をする頼れるカードローンです。来店不要で申し込みから契約まで進められ、限度額内であれば繰り返し借りられるために大変便利です。担保や保証人を用意する必要はなく、個人事業主の方でも業歴1年以上で申し込みが可能となりますので、事業資金に困った際には素早い手続きとなるカードローンの利用を考えてみましょう。
個人事業主は専用ローンが良い

個人事業主融資としてお金を借りるのであれば、通常の消費者金融や銀行のカードローンよりも、やはり専用のカードローンが便利です。もちろん金融機関で借りるビジネスローンも良いのですが、借りるまでの手続きが面倒で時間がかかるデメリットがあります。

その点、個人事業主が借りられるビジネクストをはじめとするカードローンであれば、来店不要で早い手続きと、急ぎの資金調達にもしっかりと応えてくれます。

取引先への支払い、従業員の給料など、事業主の方はお金が無いと周りからの信用を大きく落としてしまう可能性があります。現金として用意をしなければならない状況ではカードローンは大変便利で助かるので、繰り返し借りられる個人事業主向け融資のカードローンを考えてみましょう。

利用においての注意点は個人が借りる場合と同様で、しっかりとした返済計画のもとでお金を借りるようにしてください。返済が出来なくなれば結局は信用を落としてしまうので、注意が必要です。

多額の借り入れは慎重に

個人事業主融資カードローンは、数千万円単位で借りられる商品ではありません。ビジネクストでも最大で1,000万円の限度額が用意されていますが、実際にその金額が借りられるかと言えば、やはり簡単なものではありません。

また、仮に1,000万円を借りられたとしても、ビジネクストでは金利が下限で8.0%となっているため、1,000万円を8.0%の金利で借りることになってしまいます。一般的に大きな枠での借り入れとなれば金利が下がるので、これでは高い利率で負担も大きくなってしまいます。

100万円前後から超える程度の金額であれば個人事業主融資としてのカードローンは便利ですが、さすがに500万円を超えるような大きな枠、1,000万円近くになるような多額の借り入れとなると、カードローンではなく金融機関の事業資金融資も考えるべきです。

審査が厳しく時間がかかる分だけ、借りられた場合には金融機関の事業資金融資の方が金利が低いため、厳しい審査基準をクリア出来るだけの事業実績や信用があれば、カードローンではなく金融機関からの融資も視野に入れてください。

ただ、繰り返しになりますが金融機関からの融資は審査が厳しく、必要書類も多くを要求されるため、なるべく早くに借りたい個人事業主の方は、カードローンの方が適していると言えるでしょう。

個人事業主が専用のカードローンではなく通常のキャッシングを利用する際には、必要となる書類が異なります。事業者向けローン以外を利用する際には、借り入れ先の公式ウェブサイト上で必要書類をよく確認してください。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る