住信SBIネット銀行カードローンの低い金利は、おまとめローンや借り換えローンに使えます。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

低い金利の住信SBIネット銀行

カードローンを利用する際に気になる金利は、住信SBIネット銀行なら納得の水準となっています。プレミアムコースの金利は年1.99%~7.99%となっており、一般的な消費者金融の上限金利である17.8%や18.0%と比べると、実に半分以下となっているのです。

例えば50万円を借りた場合には、30日間の利息は住信SBIネット銀行カードローンなら7.99%の金利で3,283円となり、消費者金融の18.0%時の利息7,397円と比べると大きな差があるのが分かります。利息負担が小さければ単純に返済も楽になり、余裕のある計画的な支払いが可能となります。

また、住信SBIネット銀行カードローンは、おまとめローンや借り換えローンとしても使えます。今現在は高い金利で借りてしまっている方も、住信SBIネット銀行に借り換え、または多くの借り入れを一まとめにすれば、今後の返済が楽になるのです。

検討前に知っておきたい重要点

年1.99%~7.99%の金利は、プレミアムコースでの借り入れとなった場合です。住信SBIネット銀行のMR.カードローンはプレミアムコースの他に金利が年8.99%~14.79%と高くなるスタンダードコースがあり、審査の結果によってどちらのコースになるかが決められます。申し込み時にコースの選択はできないので、審査の結果次第では大幅に高い金利の適用となる可能性があります。

プレミアムコースの適用となるには、スタンダードコースよりも厳しくなる審査の基準をクリアしなければなりません。どちらのコースになるのかが分かりませんので、不安に感じる方は他の低金利となる銀行カードローンを検討するのも良いでしょう。

借り入れ先
詳細
金利
年利
限度額
極度額
審査時間 対応
地域
ソニー銀行
カードローン
年2.5%~
13.8%
最高800万円 最短
60分回答※
日本
全国
オリックス銀行
カードローン
年3.0%~
17.8%
最高800万円 最短
即日
日本
全国
三井住友銀行
カードローン
年4.0%~
14.5%
最高800万円 最短30分 日本
全国
みずほ銀行
カードローン
年4.0%~
14.0%
1,000万円 最短
即日
日本
全国
イオン銀行
カードローン
年3.8%~
13.8%
最高800万円 最短
即日
日本
全国

住信SBIネット銀行で借り換え

借り換えにも使えるカードローン

急ぎで借りたくて消費者金融で18.0%の金利でキャッシングを利用している方は、住信SBIネット銀行カードローンに借り換えを考えてみると良いでしょう。プレミアムコースなら金利が倍以上違いますので、利息の金額も相当に大きな差となります。

一ヶ月単位での利息比較ではどうにもイメージが掴みづらいですが、完済時までに発生する利息で比較をすると、住信SBIネット銀行カードローンへの借り換えがどれだけ有効かが分かります。

下の表は50万円の借り入れを元利均等返済方式で60回(5年)で支払いをした場合の、完済までの返済計画となります。比較をしやすくするために、返済金額の算出は全て同じ計算式で行っています。
※借り入れ先によって毎月の返済金額が決まっている場合があるため、あくまで参考数値となります。

金利 返済総額 利息総額 利息差
7.99% 608,147円 108,147円 -
17.8% 758,552円 258,552円 150,405円
増加
18.0% 761,795円 261,795円 153,648円
増加

住信SBIネット銀行カードローンでは、利用限度額によって金利が変わるようになっています。50万円の借り入れでは7.99%の金利となりますが、大きな金額の利用となると金利は段階的に下がっていくのです。そのため、借り入れ金額が大きな借り換えの方が金利の軽減幅も大きくなる傾向にあり、より有利な条件でカードローンが使えるのです。

利用限度額 基準金利 引き下げ金利
10万円~
100万円以下
年7.99% 年7.49%
100万円~
200万円以下
年6.39%~
6.99%
年5.89%~
6.49%
200万円~
300万円以下
年5.29%~
5.99%
年4.79%~
5.49%
300万円~
500万円以下
年4.99% 年4.49%
500万円~
700万円以下
年3.99% 年3.49%
700万円~
900万円以下
年2.99% 年2.49%
900万円~
1,000万円以下
年2.49% 年1.99%

住信SBIネット銀行カードローンでは、所定の条件を満たすと基準金利から年0.5%の引き下げがされます。最も低い金利で年1.99%の適用となりますので、住信SBIネット銀行のウェブサイト上で引き下げ条件を確認しておきましょう。

おまとめローンとして使う

低い金利の住信SBIネット銀行カードローンは、1社の借り換えだけでなく複数業者からの借り入れを一まとめにする「おまとめローン」としての利用も可能です。大きな限度額での契約となればなるほどに金利が下がる住信SBIネット銀行なら、おまとめローンで多額の借り入れとなれば、金利の大幅な低下が期待出来ます。

複数の業者から総額で150万円のキャッシング利用があり、それぞれの契約金利が18.0%とした場合には、30日間の利息は22,191円ほどとなります。同額の150万円を住信SBIネット銀行カードローンでおまとめをした場合には、引き下げ金利を適用しないとしても年6.39%~6.99%となるため、30日間での利息は7,878円~8,617円となります。

おまとめローンなら今後の返済は住信SBIネット銀行だけで済みますので、今まではそれぞれの業者に毎月の支払いをしていた方も、負担も手間も少なく支払いが進められるのです。

借り入れ先が多いと返済金額や期日の確認も大きな手間となるので、おまとめローンによって一本化をすることは、大きなメリットとなります。

住信SBIネット銀行の利点
優れたカードローン

ネット銀行のカードローンは利用明細は自宅宛に郵送されるところもありますが、住信SBIネット銀行カードローンでは、利用のたびに明細が自宅に郵送されません。ネットで完結する手続きとなっているため、明細の送付で家族に借り入れがバレてしまう心配もいりません。

また、資金使途は自由となっているのも良い点です。生活費としての利用も、上記のような借り換えやおまとめローンとしての利用も、その他はマイカーの購入や教育資金としての利用も可能です。

ここでも低金利が生きてくるので、消費者金融のカードローンキャッシングででは負担が大きすぎるまとまった借り入れも、住信SBIネット銀行カードローンなら、無理のない返済で借りられるようになるのです。

事業性資金としての借り入れを除けば、自由に使える住信SBIネット銀行カードローンなら、日常での困ったときに助かる頼れるカードローン利用が出来ます。

カードローン利用の注意点

住信SBIネット銀行のカードローンは、借りるまでに日数を要するデメリットがあります。最短即日融資も可能とするプロミスアコムのような早い借り入れは出来ず、審査回答自体は早いですが、初回の借り入れまでには数営業日以上はかかってしまいます。

また、住信SBIネット銀行カードローン「MR.カードローン」はプレミアムコースでは低金利となりますが、スタンダードコースとなると金利面では他の銀行カードローンと比べても目立った水準とはなりません。

上にも書いていますが、プレミアムコースとスタンダードコースは申し込み時に選択はできないので、審査の結果を待たなければ分かりません。プレミアムコースでの借り入れを想定してもスタンダードコースとなる可能性があるため、どうしても申し込み時点では金利が掴みづらいのです。

僅かな金利の差であれば良いですが、住信SBIネット銀行のカードローンではプレミアムとスタンダードでの金利差が非常に大きいです。考えていた以上の高い金利での審査結果となる可能性がありますので、場合によっては他のカードローンを検討した方が良いでしょう。

第00位
おすすめ度:★★★★★
オリックス銀行カードローン
選ばれる人気カードローン
オリックス銀行カードローン
年利限度額審査時間収入証明
3.0%~17.8%最大800万円最短即日300万円まで原則不要
ネットでの申し込みから来店不要の契約が可能なオリックス銀行カードローンは、限度額ごとに金利が決められているため、大きな金額を借りる際には低金利での借り入れとなります。事業性資金としては除く個人が使う範囲であれば幅広く利用ができ、他社の高い金利からの借り換えとしての利用も、または複数の借り入れをオリックス銀行カードローンに一本化をするおまとめローンとしての利用も可能です。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る