三井住友銀行カードローンは比べて分かる頼れる金利で、急ぎの利用にも対応します。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

即日カード発行も可能な手続き

急ぎの方も三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンはネット申し込みで最短30分の審査回答の早い手続きとなり、審査回答後に三井住友銀行のローン契約機まで行くと、最短即日でのカード発行も可能となります。

ローン契約機は場所によっては土日や祝日も営業をしているので、週末に急にお金が必要になったときでも、素早く借りられるようになっています。

消費者金融のキャッシングサービスとなるプロミスでも、同様の手続きで土日も最短即日融資にも対応が出来ます。審査もプロミスでは最短30分回答としているので似ている部分が多く、三井住友銀行カードローンの保証会社はプロミスを提供するSMBCコンシューマーファイナンス株式会社であるため、審査や契約の方法についても素早く進められるようになっているのです。

銀行のカードローンは借りるまでに時間がかかる、最短即日での利用は出来ないと考えている方は、急ぎでも対応が可能となる三井住友銀行カードローンを考えてみると良いでしょう。申し込みの時間や状況によっては翌営業日以降の取り扱いとなる場合もありますが、最短30分の審査回答は魅力となります。

三井住友銀行カードローンの金利

三井住友銀行カードローンの金利は契約極度額によって変わります。基本となる金利は年4.0%~14.5%としていますが、極度額が上がれば金利が下がり、大きな極度額で契約が出来る方、審査に通った方は金利を抑えた借り入れも可能となります。

契約極度額 金利
100万円以下 年12.0%~年14.5%
100万円超~200万円以下 年10.0%~年12.0%
200万円超~300万円以下 年8.0%~年10.0%
300万円超~400万円以下 年7.0%~年8.0%
400万円超~500万円以下 年6.0%~年7.0%
500万円超~600万円以下 年5.0%~年6.0%
600万円超~700万円以下 年4.5%~年5.0%
700万円超~800万円以下 年4.0%~年4.5%

三井住友銀行カードローンの申し込みをする際には、フォーム上で「ご希望金額」を10万円単位で入力が出来ます。なるべく金利を抑えて借りたいのであれば大きな極度額となる方が理想ですが、希望を出した金額で借りられるかは審査の結果次第となってしまいます。

収入に見合わない大きな極度額で申し込みをしたところで、三井住友銀行カードローンの審査に通るかは分かりません。申し込み極度額が300万円以下であれば収入証明書類が不要なことを考えても、余計な大きな極度額で申し込みをするのではなく、必要な金額での入力をした方が良いでしょう。

契約後の利用状況次第では三井住友銀行カードローンの増枠も可能となりますので、将来的な極度額の増額や金利の低下に期待しつつ、まずは必要最低限の希望金額にしておくのが無難です。

第00位
おすすめ度:★★★★★
三井住友銀行カードローン
最短30分審査回答で早い
三井住友銀行カードローン
金利契約極度額審査時間融資時間
年4.0%~14.5%最高800万円最短30分最短即日も可
ネットで申し込みをし、審査回答後に近くのローン契約機で手続きを進めると、最短即日でのカード発行、ATMでの借り入れも可能となります。カードの利用は三井住友銀行のATMだけでなく、コンビニや他の金融機関のATMでも対応をしています。三井住友銀行だけでなく、セブン銀行、ローソンATM、イーネットATM、ゆうちょATMでも手数料が無料となりますので、時間や金額を問わず、借りたいときや返したいときに素早くお得に対応が出来ます。

審査結果の連絡可能時間は9:00~21:00となります。申し込みの状況や時間、審査内容によっては翌営業日以降の取り扱いとなる場合があります。

コンビニATMで便利に利用

三井住友銀行カードローンのメリットは金利や極度額、最短30分の審査だけではありません。契約後のATM利用にも大きなメリットがあり、近くに三井住友銀行の店舗やATMコーナーが無い方でも、コンビニATMで手数料をかけずに利用が出来るのです。

三井住友銀行カードローンの利用が出来るコンビニATM

三井住友銀行カードローンをATM手数料が無料で利用が出来るコンビニに設置がされているATMは、イーネットATM、ローソンATM、セブン銀行ATMとなります。一部のコンビニには対応するサービスが異なるATMが設置されている場合もありますので、ご注意ください。

時間外手数料も無料でお得
ATM手数料をかけずに利用

三井住友銀行カードローンは平日の昼間だけでなく、時間外も週末の土日でも手数料はかからず、借り入れにしても返済にしても無料です。利用枠内であれば繰り返し使えるため、三井住友銀行カードローンの契約をしておけば困ったときに借りたい分だけ、余計な手数料をかけずに借りられるのです。

返済に関しても同様で、毎月の決められた期日の返済はもちろんですが、臨時収入やお金に余裕がある月などは、任意での返済も手数料をかけずに可能となります。一部の金融機関のローンでは繰上げ返済をすると手数料がとられる場合がありますが、三井住友銀行カードローンでは手数料がかからないため、積極的な返済も出来るのです。

カードローンは返済が重要であり、いかにして借り入れ残高を減らすかがポイントとなります。毎月の最低返済額だけでは、いくら三井住友銀行カードローンとは言えども、効率的には借り入れ残高は減っていきません。

やはり繰上げ返済などの任意での返済を活用していくことが早い完済、利息負担の低下に繋がる重要な返し方となりますので、ATM手数料をかけずに利用が出来るのは、三井住友銀行カードローンならではの大きなメリットとなります。

無理のない返済を進めるためにも、以下の表の借り入れ残高に応じた約定返済金額を確認しておき、余裕のある返済で三井住友銀行カードローンでの借り入れを行ってください。

借入残高 返済金額
2,000円未満 約定返済時における借入残高全額
(ただし上限を2,000円とする)
2千円以上~10万円以下 2,000円
10万円超~20万円以下 4,000円
20万円超~30万円以下 6,000円
30万円超~40万円以下 8,000円
40万円超~50万円以下 10,000円
50万円超~60万円以下 11,000円
60万円超~70万円以下 12,000円
70万円超~80万円以下 13,000円
80万円超~90万円以下 14,000円
90万円超~100万円以下 15,000円

100万円を超える借り入れ残高時の返済金額につきましては、三井住友銀行カードローンの公式サイトでご確認ください。

信頼のカードローン

三井住友銀行カードローンは消費者金融と比べると、金利がまず目に付きます。三井住友銀行カードローンの保証会社となるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社の消費者金融プロミスでは、金利は実質年率で4.5%~17.8%となり、三菱東京UFJフィナンシャルグループのアコムでは、実質年率で4.7%~18.0%となります。

三井住友銀行カードローンは契約極度額によって変わりますが、金利は年4.0%~14.5%となり、上限金利で比べると消費者金融の金利が高いのが分かります。金利にこれだけの差があると、ある程度の金額を長期に渡って借りている場合などは、最終的な利息総額は大きな開きが生まれます。

金利は返済時の負担となる利息に大きく関係をする部分となるため、カードローンを選ぶ際にはしっかりと見ておく必要があります。三井住友銀行カードローンはメガバンクの信頼のカードローンだからこその金利で、消費者金融と比べて分かる頼れるカードローンと言えるのです。

それでも余計な借り入ればかりをしてしまい、無計画に借りると返済時の負担は大きくなります。金利水準を問わず、三井住友銀行カードローンでも必要な分だけを借りるようにし、返済計画を立てた上で利用をするようにしましょう。

金利から考えると毎月の返済金額が大きく設定されている三井住友銀行カードローンは、借り入れ前にいくら借りたらいくらの返済になるのかを、しっかりと確認をしておくと計画的に利用が出来ます。

トップへ戻る