みずほ銀行カードローンは、ネットでの来店不要の申し込み手続きが可能です。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

早くて安心のみずほ銀行カードローン

みずほ銀行が提供する個人向けローンのみずほ銀行カードローンは、時間がかかりがちな銀行のカードローンの中でも早い手続きに期待が出来る商品です。みずほ銀行の口座をお持ちの方であれば急ぎでの借り入れにも対応をしています。

早い対応ながらも金利は年2.0%~14.0%となっており、消費者金融の上限金利と比べると数パーセントも低い水準です。利用限度額も最大800万円と大きな枠が用意されていますので、困ったときにはみずほ銀行カードローンを考えてみると良いでしょう。

みずほ銀行のキャッシュカードで使える

便利なみずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンは、借り入れや返済を利用するカードが選べるようになっています。みずほ銀行の普通預金のカードにカードローン機能を付けるか、または専用のローンカードを発行してもらい、ATMで利用をするかの何れかとなります。

専用のローンカードで使い分けをしたい場合には発行をしてもらえば良いですが、財布の中のカードが増えるのが嫌だ、ローンカードで借り入れがバレてしまうのが不安と感じるのであれば、みずほ銀行のキャッシュカードで利用をする方が良いでしょう。

また、みずほ銀行のキャッシュカードで利用をする場合には、カードローン口座の開設後に素早く利用が出来るようになるため、急ぎで借りたい方はキャッシュカードでの利用が適しています。

第00位
おすすめ度:★★★★★
みずほ銀行カードローン
来店不要で申し込みが可能
みずほ銀行カードローン
金利最大極度額審査時間来店手続き
年2.0%~14.0%800万円-不要
パソコンでもスマホでもインターネットでの申し込み、郵送での書類の受け取りが可能となるため、来店不要で契約まで進められます。みずほ銀行の口座を既にお持ちであれば、より素早く利用が開始でき、急な出費で現金が必要になったときでも安心です。※住宅ローンのご利用で、本カードローンの金利を年0.5%引き下げます。引き下げ適用後の金利は年1.5%~13.5%です。

みずほ銀行では女性専用のカードローン「みずほMyWing」もあります。詳しくはみずほMyWingはみずほ銀行の女性専用のカードローンでご確認ください。

限度額によって変わる金利

金利が優れるみずほ銀行カードローンは、利用限度額によって適用される基準金利が変わります。あくまで限度額によって金利が変わるため、例えば限度額が500万円の場合に10万円の借り入れを行ったとしても、適用がされる金利は500万円の限度額に応じた数値となります。

まとまった金額を借りる200万円以上~300万未満の限度額の場合には、みずほ銀行カードローンの金利は年9.0%となります。さらに高額の500万円以上~600万円未満であれば、適用される基準金利は年5.0%です。

限度額はあくまで「限度」のため、何も契約をした限度額いっぱいまで必ず借りなければならないわけではありません。限度額が100万円でも500万円でも、5万円だけ借りたいのであれば必要な分だけを借り入れればよく、余計な利用をしなければそれだけ返済も楽になります。

返済時の利息についても同様で、利息は限度額ではなく借りているお金に対して発生するので、限度額がいくらであろうと5万円しか借りないのであれば、5万円に対しての利息となります。つまり、大きな限度額で低金利での契約が出来ていれば、少額利用であるとしても低利率で低負担のカードローン利用が可能となるのです。

限度額が上がれば金利が下がるのがみずほ銀行カードローンの魅力ですが、大きな限度額は無計画な借り入れの原因にもなります。限度額を上げる際にはしっかりと計画を立て、不必要な借り入れはしないようにしましょう。

幅広く使えるみずほ銀行のカード

みずほ銀行のキャッシュカードで使う場合も、専用のローンカードで使う場合も、どちらにしても利用が出来るATMは非常に多いです。みずほ銀行のATMはもちろんですが、全国の提携金融機関、コンビニのATMでそれぞれの対応時間内で利用が出来るので、近くにみずほ銀行のATMが無い方でも問題はありません。

ただ、利用をするATMによっては手数料がかかる場合もあります。一度あたりのATM利用手数料は大きくはありませんが、カードローンの特徴とも言える繰り返しの利用で手数料も何度もかかると、次第に大きな負担となってしまいます。

借りれば利息がかかるカードローンで余計な負担を増やさないためにも、手数料がかからないATMを探し、賢く利用をするようにして下さい。

カードによる対応サービスの違い
カードの種類に注意

みずほ銀行カードローンは上にも挙げたように、みずほ銀行のキャッシュカードか専用のローンカードを発行するかで利用方法が選べます。どちらも借り入れや任意の返済をATMで行えますが、カードによって対応をするATMやサービスが異なるので注意が必要です。

カードローンとしての借り入れや返済を、みずほ銀行や多くのコンビニATMで利用をするならどちらのカードもサービスとしてはほとんど変わりはありませんが、ゆうちょ銀行のATMで使う予定のある方は、みずほ銀行のキャッシュカード兼用型は適していません

ゆうちょ銀行のATMでみずほ銀行カードローンの利用が出来るのは、専用のローンカードのみとなるため、キャッシュカードにカードローン機能を付けるタイプではゆうちょ銀行ATMでの借り入れ、返済が行えないのです。

通常の返済はカードローン口座から、毎月の決められた日に自動引き落としで行われます。それとは別にATMで任意の返済も可能ですので、カードによる使えるATMはしっかりと確認をしておきましょう。

余裕のある返済で借りられるみずほ銀行

みずほ銀行カードローンは利用残高に応じて毎月の返済額が決まり、1万円未満は利用残高の全額、1万円以上100万円以下の場合には、月々の返済は1万円となります。安定した収入をお持ちの方であれば問題なく支払いが出来る設定額となっており、計画的に利用を行えば無理のない範囲で返済が進められるようになっています。

どのカードローンにも言えますが、借りる際には返済の計画や見通しをしっかりと持ち、無理のない支払いが出来るかをよく考えておきましょう。頼れる金利となるみずほ銀行カードローンも、無計画に借りてしまうと返済負担が大きくなってしまうのです。

みずほ銀行カードローンへの申し込みを行う際には、しっかりと返済の見通しを立てた上で、収入とのバランスを保てる無理のない範囲での借り入れとなるかを考えるようにしてください。

トップへ戻る