キャッシングは利用するため、契約をするために最低限必要な書類や条件が決められています。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

キャッシングで必要なもの

初めてキャッシングする際、何が必要なのかわからないという人もいると思います。例えば、担保が必要なのではないか、保証人が必要なのではないかといったことでキャッシングを躊躇しているとしたらとてももったいないことです。

なぜならキャッシングするのに担保も保証人も必要ないからです。

それでお金を借りられるの?と思うかもしれませんが、借りられます。ただし、当然キャッシングするのに必要なものもあります。どんなものが必要になるのか、紹介したいと思います。

本人を確認するためのもの

キャッシングをする時なくてはならないのが本人を確認するものです。これがなければ年収が多かろうが、勤続年数が長かろうが、お金を借りることはできません。

本人を確認するものとしては運転免許証や健康保険証、パスポート、外国人登録証明書などがあります。キャッシングを利用するときはこれらを用意しておく必要があります。

ただし、キャッシング業者によっては電気、水道、ガスなどの公共料金の領収書や、 住民票の写しなどの提示が求められることもあります。

金額次第では収入証明書も必要に

収入証明書は絶対に用意しなければならないものではありません。ただし大口の融資になる場合は必要になるのがほとんどで、消費者金融系であれば50万円以上の融資を申し込む場合、他社との合計で100万円を超える借り入れの場合には、収入証明書する源泉徴収票や給与明細書、確定申告書などが必要になります。

初めてキャッシングする場合はこれらを準備しておくと、スムーズに審査が受けられるのです。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る