キャッシングで初めてお金を借りる方は、よく分からないまま利用してしまい、失敗をしてしまう場合があります。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

キャッシングは金利に注目

キャッシングを始めて利用する場合、自分がどのような利用をしたいかで申し込む金融業者が変わってくるといえます。

たくさん借りたいのか、それとも小額利用なのかも利用する上では大きなポイントとなります。

キャッシング利用には必ず金利というものが発生しますから、その金利がどのくらいになるのかを考えなければ同じキャッシング利用でも損をしてしまう場合があるからです。

上限金利を見ておきたい

金利には下限と上限の2つがあり、多く借りれば安い下限金利、小額利用の場合は高い上限金利が適用となります。

これだけ見た場合には、出来るだけたくさん借りれば損をしないのではと思いがちですが、実はキャッシングというものは、初めて利用するときには多額の融資を受けることが出来ないため、50万円程度が限度額となります。

この50万円は上限金利での利用となるため、常に小額利用しかしない人は上限金利が安いキャッシングを選ぶほうが良いといえます。

逆に最初は小額でいいけれど長期間の利用を望んでおり、先々では多額の利用も視野に入れている場合には、下限金利が出来るだけ安いキャッシングを選んでおくほうが良いといえます。目先の使いやすさだけでなく、自分の使い方に合ったキャッシングが重要になります。

利用可能場所と返済のし易さも重要

キャッシングは金利だけでなく、借りられる場所と返済できる場所も、使う上では非常に重要になるポイントだといえます。

例えばものすごく金利が低いキャッシングであっても、自分も周囲で使える場所がなければ宝の持ち腐れです。仮に利用できる場所があっても、それが提携ATMの場合には、借りたときも返済したときも必ずATM手数料が必要になるので、これもプラスよりマイナスの要素が高いといえます。

ですから手数料のかからない専用ATMが多い業者か、コンビニのATMを手数料なしで利用できる業者が使いやすい業者といえます。

キャッシングとは金利も含めた使いやすさが総合的に見て自分に一番合っているものが、最も使いやすいものといえますから、申し込む際には焦らずじっくりと比べたほうが良いでしょう。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る