キャッシングの返済方法によっては、Web上の会員メニューなどから変更手続きが必要となる場合があります。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

キャッシングの返済方法変更手続き

消費者金融の返済方法は非常に多くなっており、口座からの引き落とし以外でも返済が出来るようになっています。そのため返済ということを考えると、色々なことをやってみたいと考えるかもしれません。

しかし返済方法を変更する際には、会社側に連絡を入れなければなりません。勝手に変更すると、返済されていないと判断されることがあります。

会員ページから手続きを

キャッシングを利用すると、多くの方は会員ページの登録も行うことになります。これをやらないと無利息サービス等が利用できないためで、会員登録しておくことで、更なるメリットを手に入れることができます。

多くのキャッシング業者では会員専用ページから返済方法を変更出来るようになっており、自分が希望している方法に変えるという選択ができます。

最初に決めた方法では返済が辛いと思っている場合や、どうしても変更したいということであれば、この会員ページから変更を行ってください。変更することによって、会社側が返済方法が変わるということを知って、対応してくれるようになります。

特に引き落としに変更する場合、手続きをしないと出来ない上に、口座の登録がされるまでに2ヶ月前後かかる場合もあるので注意をしてください。

あと少しになったら別の方法に

一番安心して返済できるのは引き落としですが、これは決められた日以外の返済が出来なくなります。引き落としで行っている方も、最後の方は自分で返済することによって、利息を減らすことができます。

そのまま待っていてもいいですが、100円単位で利息を減らすことが出来るので、最後の方は変更手続きをした方がいいです。

柔軟に対応することによって、キャッシングの返済は有利に進められます。最初のうちは安定して返済が出来る方法にして、最後の方は利息を減らせる方法に変えると、利息を減らしつつ返済されないといったことも防げます。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る