キャッシング返済が楽に進められると思われているリボ払いは、よく知っておかないと大きな負担となってしまいます。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

毎月の負担の少ないリボ払い

キャッシングでお金を借りた場合の返済方法、これにはほとんどの会社がリボ払いを採用しています。キャッシングで採用されているリボ払いは元金と利息を合わせて一定額ずつ返済していく方法です。毎月の支払額が一定なのでお金の管理もしやすく負担をあまり感じずに済むのがメリットです。

ですが、リボ払いと言っても種類がありますので、それぞれに特徴やデメリット、注意点があることも理解しておくようにしましょう。

2つのリボ払いにあるそれぞれの違い

キャッシングの返済方法に使われいるリボ払いは大抵は次の2つの方式のどちらかです。借り入れてから完済するまでの間、ずっと一定額ずつ返済していく元利定額リボルビング方式、または借入れ残高によって返済額が段階的に変わっていく、残高スライド元利定額返済方式のどちらかです。

前者に関してのデメリットは借り入れ額に対して設定されている返済額が少ない場合、元金の減りがとても緩やかになってしまうということです。元金が減っていけば利息が占める割合が大きくなっていくのですが、そのペースが遅くなってしまいます。

後者の残高スライド元利定額返済方式は残高が多ければそれなりに返済額も多くなります。ですので、利息ばかり払っていると言う状況にはなりにくくなります。ただ、残高が少なくなると返済額もほんの少しになるので、完済までの期間が長くなりがちです。

どちらにもメリットとデメリットがありますが、しっかりと理解して使えばデメリットを小さくしつつ賢くリボ払いが使えるようになるのです。

無理せず多めの返済がコツ

リボ払いで大切なのは無理のない返済を行いながら、まとまったお金が出来た時や生活に余裕が出来た時になるべく前倒しで返済していくことです。そうすれば返済に当てているお金の中の利息の割合も小さくなっていきますので、返済が早く終わります。

毎月の負担の小ささを活かしながら余裕が出来れば返す、それが、1番良いリボ払いの使い方です。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る