キャッシングの返済は最低支払額が定められますが、なるべくなら多くの入金で返済を積極的に進めると良いでしょう。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

最低限度の返済額では終わらない

キャッシング業者は最低でもこれくらいの返済をして欲しいということを記載しており、その金額以上は必ず返済をしていかなければなりません。

一見すると最低限の返済でも大丈夫のように思われますが、これだと利息によって残高が減っていかないという問題が生まれます。最低限の返済では、なかなか返済が出来ない点には注意してください。

最低限は業者が得をするだけ

ホームページには、最低でもこれだけの返済で大丈夫ですということを大々的に表示していることもあります。しかしその金額で返済を続けていても、利息というものに押しつぶされることが多いです。

利息は毎日のように積み重なり、いつの間にか残高を増やしてしまう要因となります。増えた残高に対して更に利息が入るので、返済が終わらないのです。

最低限の返済だけをするのは、業者に対して得をさせるだけです。利息は業者が得をするために用意しているので、実際には支払っている側が損をするだけとなります。

利息を減らすことは返済額を減らすということに繋がっていくので、残高を考えた上で返済金額を決めてください。これは借りる前に決めた方が無難です。

出来れば数倍は返済する

最低限で書かれている数字の数倍を返済していけば、返済が速やかに終わる可能性はあります。5000円と表示されていたら、1万円以上の返済を続けていれば返済は早く終わります。

記載されている数字の2倍以上を返済することにして、出来れば容易に返済が終わるように調整してください。生活費を圧迫しない程度の返済が望ましいです。

3倍以上返済出来れば安泰な所ですが、生活に苦労する可能性も高くなります。2倍を基準に考えつつ、3倍以上の返済が出来るようなら安心できる部分も大きいです。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る