ソニー銀行のカードローンならネット申し込みで、審査回答は最短60分と素早いです。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

優れた内容のカードローン

ソニー銀行のカードローンは低い金利と高い限度額、早い審査や融資対応が魅力となり、返済負担を軽くしてお金を借りたい、まとまった金額の借り入れを考えているといった希望を持つ方でも、安心して利用が出来るようになっています。

銀行のカードローンにありがちな面倒な来店手続きも不要であり、ネットでの申し込みからのカードローン手続きは、Web上での完結も可能です。ソニー銀行の口座があれば最短即日融資にも対応をしているので、急ぎの借り入れにもソニー銀行のカードローンは適しています。

配偶者に安定した収入があれば専業主婦の方でも利用が出来るのも良い点で、ソニー銀行のカードローンでは専業主婦が利用するには、配偶者の同意や確認は不要となります。

知られずに内緒でお金が借りられますが、専業主婦の利用においては限度額は50万円までとなりますので、数百万円といった大きな金額は借りられない点には注意が必要です。

低い金利と高い限度額

頼れる金利のカードローン

ソニー銀行のカードローンを見る上で欠かせないポイントは、やはり金利です。他のカードローンでは下限金利は低く設定をしていても、実際に借りる際に適用される方の多い上限金利に関しては、決して低い水準にはなっていません。

しかし、ソニー銀行のカードローンの金利は年2.5%~13.8%となっており、上限金利であっても年13.8%の低水準です。他の銀行のカードローンを見ても上限でここまで低い商品は多くはなく、地元の金融機関である地方銀行や信用金庫のカードローンまで広げても、年13.8%の上限金利は低い水準と言えます。

また、限度額に関しても優れた商品内容となっており、ソニー銀行のカードローンでは最高800万円の限度額設定としています。限度額に応じて金利も段階的に下がるため、大きな金額を借りる際には、より有利な金利条件で利用が出来るようになっています。

第00位
おすすめ度:★★★★★
ソニー銀行のカードローン
低い金利と早い審査で借りられる
ソニー銀行のカードローン
金利限度額審査時間融資時間
年2.5%~13.8%最高800万円最短60分最短即日も可
ソニー銀行の口座があれば、最短即日融資も可能となる頼れるカードローンです。口座がなくても初回融資は指定口座への振り込みで素早く対応をしてくれるので、他の金融機関のカードローンのように、借りるまでに長い日数がかからないようになっています。申し込みはネットで24時間行え、パソコンだけでなくスマートフォンからも手続きが出来ますので、いつでもどこでもお金のピンチの際には手軽に申し込みが出来ます。

現在、ソニー銀行のカードローンは審査に時間がかかる傾向にあります。60分での審査回答は最短での目安の時間となりますので、申し込みの状況によっては60分以上を要します。慌てて申し込みをするのではなく、数日は待てるぐらいの余裕を持った申し込みとすると良いでしょう。

特徴的なサービス内容

金利や限度額だけでなく、ソニー銀行のカードローンには様々な特徴、サービスがあります。他と比べても見劣りする部分は多くなく、安心してキャッシングの利用が出来る商品であると言えます。

利用を検討するにあたってはソニー銀行のカードローンのサービス内容も知っておく必要がありますので、それぞれの良い点、優れている内容をざっと見ておきましょう。

▼ソニー銀行のカードローンの優れている点

  • 希望額が300万円までなら所得証明不要
  • おまとめや借り換えにも対応する低金利
  • 専業主婦や年金受給者でも申し込みが可能
  • 借入残高が10万円なら返済金額は月々2,000円
  • 一部の提携ATMなら利用手数料がいつでも無料
  • 自宅への送付がないWeb上で利用明細の確認

提携ATMについては、利用をするATMによってサービス内容、手数料の有無が変わります。詳しくはソニー銀行のカードローン公式サイトでご確認ください。

優れたカードローン

カードローンの申し込みで面倒となる収入を証明する書類の提出は、ソニー銀行のカードローンなら300万円まで不要です。消費者金融のキャッシングなどで高い金利で借りている場合に、例えば借り換えやおまとめで使うとしても、300万円までの利用であれば原則、所得証明は不要となります。

数百万円といった大きな金額の借り入れは出来ず、限度額は50万円までに制限はされますが、配偶者の安定収入で専業主婦の利用も可能としているのも良い点です。専業主婦の方はカードローンの利用先が限定的となるため、50万円まででも配偶者に内緒で借りられるソニー銀行のカードローンは安心が出来る借り入れ先となってくれます。

また、自身に収入を持たない専業主婦の方はもちろん、計画的な利用をする上で気になる月々の返済金額についても、ソニー銀行のカードローンなら低負担となります。借り入れ残高ごとに定められている返済額は、10万円の利用で月々2,000円、20万円なら4,000円と、大きな借り入れ金額とならなければ無理のない範囲で返済が進められるようになっています。

返済の仕方はインターネット上やATMでのキャッシュカードを利用しての入金となりますが、提携ATMは一部のコンビニや金融機関においては、いつでも何度でも手数料が無料となります。その他のATMでは返済時には手数料が無料、借り入れ時には回数制限で無料となっているため、お得にカードを使った返済の入金、借り入れも可能となります。

借り入れや返済時の利用明細はWeb上で確認をするため、自宅への送付はありません。利用月ごとに明細が届くと家族にカードローン利用が知られてしまう可能性もありますが、ソニー銀行のカードローンならWeb上での確認で送付は無いので、内緒での借り入れにも適しています。

キャッシュカードが対応する提携ATMは数多くありますが、どのATMで手数料が無料か、何回まで無料かなどの情報は随時変更の可能性があるので、ソニー銀行のカードローン公式サイトでご確認ください。

上限金利で比べる正しい比較

ソニー銀行のカードローンで最も目立つ部分は、年2.5%~13.8%の非常に低い金利ではないでしょうか。他の銀行でも下限金利はせいぜい3.0%や4.0%程度、上限金利に関してはメガバンクや有名な地方銀行であっても14.8%あたりが多く、年2.5%~13.8%の金利は言うまでもなく低水準の優れた利率となります。

金利を見る上で気にするべきは上限金利です。下限金利は銀行なら最も高い限度額設定となった場合に適用がされる可能性がある数値でしかなく、実際に借りるにあたっては多くの方には無関係な利率となります。

いくら下限金利が低くても借りる際に上限金利となれば意味がありませんので、上限金利の時点で低水準となるソニー銀行のカードローンは、比べて分かる低金利と言えるのです。

また、ソニー銀行のカードローンは限度額によって適用される金利が変わるため、金利の比較をするなら借り入れ希望限度額と適用利率を見ておく必要があります。所得証明が不要となる300万円までの範囲での利率を見てみると、以下のようになります。

利用限度額 金利(年) 毎月の返済額
(借り入れ残高で変動)
10万円 13.8% 2,000円
(10万円以下)
20万円 4,000円
(10万円超20万円以下)
30万円 6,000円
(20万円超40万円以下)
40万円
50万円 8,000円
(40万円超60万円以下)
60万円 12.8%
70万円 10,000円
(60万円超80万円以下)
80万円
90万円 12,000円
(80万円超100万円以下)
100万円 9.8%
150万円 9.0% 15,000円
(100万円超150万円以下)
200万円 8.0% 20,000円
(150万円超200万円以下)
300万円 6.0% 30,000円
(200万円超300万円以下)

限度額ごとに金利が変わるのは銀行のカードローンでは一般的な内容と言えますが、50万円から金利が段階的に下がる商品は珍しいと言えます。多くの金融機関では100万円を超えたあたりから金利が下がり始めるので、数十万円の利用でもスペック上の上限金利よりも低い利率で借りられる可能性があるのは、ソニー銀行のカードローンの一つの特徴です。

申し込みは慎重に行う

低金利で頼れる安心の借り入れとなるソニー銀行のカードローンは、一定の審査基準にクリアした方だけが借りられるので、アルバイトやパートも対応をしているからと言って、誰でも審査に通るわけではありません。

年収に対して既に他社の借り入れが膨らみすぎている方、他社への返済が遅れている、不足入金をしている状況での申し込み、他のカードローンとの同時期の多重申し込みをする方などは、ソニー銀行のカードローンにおける審査基準を満たせない可能性が高いです。

また、低金利となるソニー銀行のカードローンは、アルバイトやパートの方では審査の通過が難しいとも言われています。申し込みが出来ても審査に通らないと意味が無いので、自身の収入状況にあったカードローン選ぶをすることも重要です。

もちろん借りるにあたっては返済能力が認められなければなりませんので、他社に借り入れがある方は現状で返済が正常に出来ていることは最低条件となります。また、何社も同時に申し込みをするなどの行為は審査で不利になる可能性があるので、避けるべきです。

ソニー銀行のカードローンは、審査に通って借りられれば低金利、低負担で安心の出来る借り入れとなりますので、まずは審査で不利にならないよう、返済能力の有無をしっかりと判断してもらえるように、多重申し込みや虚偽内容の入力はしないのが基本中の基本なのです。

カードローンの申し込みは、ミス無くしっかりと確認をして進めるようにしましょう。入力内容のミスや間違いは、審査に余計な時間がかかってしまったり、審査結果に悪影響を与える場合もあるので注意が必要です。

トップへ戻る