キャッシングの審査によって決まる限度額は、希望額の時点で高くしすぎないようにしましょう。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

利用限度額を確実に設定する

キャッシングの審査で重要とされているのは、やはり収入と借金、そして仕事をしているかという点です。しかしそれ以外にも重要なポイントが1つあります。

それは利用限度額の設定です。申し込みをする際、自分で設定することになる限度額ですが、これを間違えると審査に落とされてしまうのです。

高すぎると落とされる可能性

自分が希望している利用限度額が、あまりにも消費者金融や銀行側とずれている場合、審査に落とされることがあります。銀行側が審査をした結果、あまりにも開きが多気すると判断されると、審査落ちの方がいいと判断してしまうのです。

本来なら利用限度額の修正ということになりますが、何故か審査落ちという連絡に変わってしまいます。

無謀な希望額は誰も得をしない

そのため、利用限度額の設定は非常に重要なポイントです。自分の収入に対して、これくらいなら大丈夫だろうという金額を設定してください。多少高めに設定しても、会社側で修正してくれるので大丈夫です。

間違っても100万円以上の開きが出るようなものにしないことと、無謀な数字に設定しないことだけは考えてください。

銀行は結構高めにできる

消費者金融を利用して借りる場合、利用限度額は総量規制の対象となります。年収の3分の1以下に設定することとなるため、自分が希望している額が正しいのか確認をしておかなければなりません。

一方、銀行カードローンの場合、利用限度額は自由に設定できます。明らかに高い数字でも、修正して審査を通過できる場合があります。

銀行の利用限度額は比較的高い所まで狙えるので、収入と同レベルの数字でも問題ありません。出来れば収入証明を提出しなくてもいいラインで決めて、銀行側の判断を待つといいです。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る