キャッシングで借りられる金額は審査で決まり、審査は過去の傾向によって結果が左右されます。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

キャッシング審査における与信

現在は消費者金融から手軽にキャッシングが利用できるようになっていますが、キャッシングというのは無担保・無保証人であるため、返済に対する保証がなにもありません。

そのため、初めて申し込む場合は利用限度額が少額でしかないのが一般的です。

キャッシングにおいては当然審査が行われますが、審査は申し込み者の年収、他社からの借入金額、返済事故の履歴が主体になります。総量規制による年収制限額以上の借り入れはできませんし、過去に返済事故を起こしていれば、借り入れは不可能です。

大数の法則となるキャッシング審査

また、返済可能イコール与信にはなりません。それは、申し込み者の性格や金銭感覚が分からないため、信頼がおけないからです。審査において信用の基になるのは属性情報です。

現在では大手消費者金融は「スコアリングシステム」によって審査を自動化しています。過去の莫大な数の利用者の属性情報がデータベース化されており、申し込み者の属性情報をデータベースに当てはめて信用度を判断します。

例えば、20代前半の独身で年収が240万円、食品製造業に就業している男性から申込があった場合、同様な属性情報を持つ過去の利用者層の借入履歴と照合し、返済事故などが多ければ利用限度額が低く設定されます。

つまり、申し込み者自身の信用ではなく、過去のデータによる「大数の法則」によって判断されています。

利用限度額の増額

利用限度額は契約時における審査で固定されているわけではなく、申し込み者の信用が確認できれば増額ができるようになっています。

実際に、契約後半年が過ぎる頃になると、業者の方から利用限度額増額の案内が来るようになりますので、必要であれば増額審査を受けてみると良いでしょう。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る