キャッシングの借り入れが多い方は、当然ながら新規でのキャッシング審査は厳しくなります。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

他社の借金はかなり厳しくなる

基本的にキャッシングは多重債務を行ってもいいのですが、多重債務をしたいと考えている場合、他社の借り入れという部分が結構な範囲で重要になってきます。

そこまで多く無いのであれば、利用限度額を下げる形で利用できることもあります。しかし他社の借り入れが多すぎるという場合、審査に落とされることがあります。

借金は信用を失う要因

借金は返済されないという問題を生み出すので、基本的に信用を失う要因となります。それでも額が低く設定されているのであれば、会社側も多少利用限度額を下げた上で、利用できるようにします。

明らかに借金が多い状態というのは、自分の会社で借りて返済をするのではないかと思われるため、審査に落とされることが多いです。

借金の額としては、50万円以上残っている場合は注意が必要です。この金額以上になってしまうと、キャッシングの利用が出来ない可能性も出てきます。

また、収入証明書の提出を要求されることもあり、利用限度額を低く設定しても、色々と審査が難しくなってきます。借金は返済してから他社への申し込みをしてください。

借金に該当しないものもある

会社からお金を借りている場合でも、キャッシングの借金とはみなされないものが幾つかあります。まずは各種ローンです。カードローンなら別ですが、住宅や自動車ローンであれば、基本的に対象から外れます。これらの金額は記載しなくてもいいですが、借りているなら一応話をした方がいいです。

またクレジットカードのショッピング枠は借金ではありません。仮にリボ払いで残っているお金があったとしても、それは借金というわけではありません。この2つについては、間違えて記載しないようにしてください。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る