キャッシングの即日融資がもたらす、良い点と悪い点を少し考えてみましょう。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

利便性の追求形態、即日融資の功罪

貸金業者を銀行などの他業種金融機関と比較した際に、その最も大きな差異が融資の利便性の高さにあります。ですが、利便性を追求した業態の代表例である即日融資を詳しく分析すると、実に複雑な様態を示す点が特徴です。

迅速な融資を可能にする即日融資

即日融資はウェブサイトでの審査後、指定口座に振り込んで融資を行う形式と、無人契約機に出向いての審査を受けてその場でカードを発行する形式の、大きくわけて2パターンが存在します。

また、近年ではウェブサイトに審査を申し込んだ上で、資金需要者が無人契約機に出向いている間に審査を行うという、よりスピードを追求した業態まで存在します。銀行などの他業種との最大の違いがこのスピードで、即日融資は貸金業者の大きな長所である点は間違いがありません。

したがって、急な出費や緊急事態などの際には、これほど心強い味方はいないと言って良いでしょう。

スピードアップは資金需要者の判断を奪う

近年の貸金業界においては、即日融資の利用日時や時間も増加傾向にあります。以前は午後2時までに必要書類を提出しなければ契約できなかった商品が大半でしたし、土日は審査を行わない業者も多かったのです。

しかし、最近では業者によっては土日にも契約可能ですし、審査可能時間も増加し、夜間も可能だという業者もあります。

このように、一見便利な融資スピードと利便性が高いという長所は、資金需要者の視点から見ると、借入に対する慎重な判断を考慮する時間を奪っているとも言えます。

債務は本来重たいものであり、利便性を追求した結果、利息に対する配慮は浅くなりがちであるのに、考える時間を与えないほどの融資の利便性を喧伝する事には、些か危ういサービスだという指摘を免れ得ません。

そのような視点から見た場合は、過剰なサービスで判断能力を奪っているとも言えますし、サービスに対して投資した結果利息の高額化を招いていると考えれば、かえってデメリットであると判断する事ができるでしょう。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る