キャッシングはパート主婦と専業主婦で利用条件が大きく異なりますので、よく確認すべきです。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

女性がキャッシングをする際の注意点

女性がキャッシングを行う場合、女性だからと言って特別不利になる事は一切ありませんが、専業主婦の場合は、少しキャッシングを行う際に注意が必要になってきます。

総量規制の確認

基本的に消費者金融などにおいては、契約者本人に安定した収入がなければ借り入れを行う事は出来ません。その為、本人に収入のない専業主婦の人は契約を行う事が出来なくなってしまうのです。

しかし、中には専業主婦でも申し込みができる場合があります。その見極めとして重要なのが総量規制です。総量規制の対象外となる金融機関の場合、専業主婦でも申し込みができる場合が多いため、そのような金融機関を選ぶ事で、専業主婦でもキャッシングを行う事が可能になってきます。

専業主婦でも借りられるのは消費者金融ではなく銀行となりますが、利用可能限度額には制限が付く場合もあるので、よく確認をしておきましょう。

配偶者貸付は期待しない方が良い

消費者金融などの中には、配偶者貸付を採用している消費者金融もある為、この制度を利用する事で専業主婦でも申し込みが可能になってきます。

これは、世帯主である旦那さんの同意が必要で、旦那さんの同意の元、契約を交わす事になります。その為、旦那さんに秘密でキャッシングを行いたいと思う場合は、少し難しくなってきます。

そもそも配偶者貸付によってキャッシング融資を行う消費者金融もほとんど無いため、現実的には借り入れが難しいのです。

まずはしっかりと確認を

以上のように金融機関を選ぶ事で専業主婦の人でも、十分キャシングを行う事は可能になってくるのです。

初めから無理だと諦めるのではなく、条件を満たす消費者金融や金融機関を見つけ申し込みする事をお勧めします。

人気の注目キャッシング情報
第1位
おすすめ度:★★★★★
プロミス
初めてのキャッシングにも人気
プロミス
実質年率借入限度額審査時間融資までの目安
4.5%~17.8%1~500万円最短30分最短1時間
来店不要でWebで申し込みができ、ネット審査後にカードを契約機まで受け取りに行けば、後日に自宅に郵送物が届くこともありません。利用明細についてもWeb明細交付利用にすれば、利用時にもいちいち自宅には明細は届きません。契約を済ませておけば、限度額の中であれば再審査不要で繰り返し借りられますので、お金のピンチにはカードを使ってATMで、会員メニューから振り込み融資でと、便利に素早くキャッシングが利用出来ます。

銀行振り込みでの即日融資は、平日14時までのWeb契約完了が必要となります。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る