新生銀行カードローン レイクを、他の人気大手キャッシングと比較をしてみます。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

銀行からの借り入れとなる

新生銀行カードローン レイクはTVCMでもお馴染みで、困ったときにはネット申し込みで手続きが進められる手軽なカードローンキャッシングとして人気です。その名の通りに消費者金融ではなく銀行の融資商品となるため、消費者金融のキャッシングは何か不安に感じる方であっても、銀行の信頼感が得られる利点があります。

ただ、新生銀行カードローン レイクは、一般的なイメージである「銀行=低金利」とはならないと言えます。適用される実質年率を見ても分かるとおり、上限にしても下限にしても、金利は低金利とされる他の銀行カードローンと比べると見劣りがします。

消費者金融にプロミスやモビット、アコムといった人気のサービスと比較をしても同じような水準となりますので、新生銀行カードローン レイクは銀行だから低金利とは考えないようにしましょう。

新生銀行カードローン レイクの基本

ネットで24時間申し込みが出来るカードローンで、選べる無利息サービスによってお得な借り入れも可能となります。契約額が100万円までなら所得証明書類の提出は原則不要となり、少額の借り入れに留めるのであれば用意すべき書類を少なくした契約が可能です。申し込みの内容や審査の結果次第では提出を求められる場合もありますので、詳しくは新生銀行カードローン レイクの公式サイトでご確認ください。

銀行だからこその良い点はあるのか

銀行カードローンの利点

銀行からの借り入れにしては金利がはっきり言って優れておらず、利用条件を見ても本人に安定した収入をお持ちの方に限られているため、専業主婦の利用は認められていません。銀行は金利が低く、専業主婦も配偶者の安定収入で借りられるのがメリットとなる商品が多い中で、新生銀行カードローン レイクは物足りない部分があるのが事実です。

これであれば消費者金融の大手キャッシングを利用しても変わらないと感じてしまいますが、新生銀行カードローン レイクには銀行だからこそのメリットもあります。

まず一つ目は、所得証明の提出金額です。消費者金融は貸金業者であるため、貸金業法で定めている一定金額以上の借り入れとなると、収入を証明する書類の提出が必要となります。1社あたりで50万円以上、他の貸金業者からの利用と合わせて100万円を超える場合には必要となりますが、新生銀行カードローン レイクは貸金業者ではないため、50万円の提出ラインは該当しません。

他の銀行カードローン同様に独自に定めている金額以上の契約となると必要であり、新生銀行カードローン レイクでは契約額が100万円以上の場合に、収入を証明する書類を提出します。ただ、申し込み内容や審査結果によっては、満たない金額であっても提出が求められる場合もあるので注意が必要です。

ATMの利用は銀行だからこそ

契約後に発行がされるローンカードの利用においては、銀行だからこその利便性があります。消費者金融の大手サービスでもカードは全国の提携ATMで利用が出来るところが多いですが、使うたびに手数料が発生します。

しかし、新生銀行カードローン レイクでは提携ATMなら手数料が無料となっているので、余計な費用はかけずに借り入れも返済も可能なのです。

ATMの利用手数料は一度あたりの負担金額は大きくはありませんが、借り入れと返済の往復での出費を考えると、それなりの金額となります。また、何度も繰り返しのカード利用となるとATM利用手数料も大きく積み重なってきますので、負担を減らせる新生銀行カードローン レイクのATM手数料無料のサービスは利用者にとっては有難いポイントと言えるでしょう。

とは言え、最近では消費者金融の大手ブランドや銀行のカードローンでも、ATMを使わずにインターネットでの振り込み融資や返済であれば、手数料はかからないとしているところが多いです。ATM手数料だけに魅力を感じて新生銀行カードローン レイクを選ぶのではなく、他の点もしっかりと比較をするようにしましょう。

比較をすると物足りなさが目立つ

新生銀行カードローン レイクは金利も限度額も、銀行の商品としては物足りない内容です。上に挙げたようなメリットはありますが、それぞれの点については他のカードローンでも十分にカバーがされている部分もあります。

例えば所得証明の提出です。消費者金融はどこでも一定額以上、または金額問わずに必要となりますが、銀行ではオリックス銀行カードローン、イオン銀行カードローンあたりは300万円まで不要としています。メガバンクのみずほ銀行カードローンでも限度額が200万円までなら不要としているので、より大きな金額まで書類の用意をせずに済みます。

ATMの利用手数料についても、オリックス銀行カードローンは全国の提携ATMで終日手数料を無料としています。時間や曜日を問わず、いつでも提携するコンビニや銀行のATMで、手数料負担が無くカードが使えます。

また、消費者金融の大手プロミスでは、瞬フリ(三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座が必要です。詳しくはプロミス公式サイトでご確認下さい。)によって24時間対応の手数料がかからない振り込み融資を行っています。より手軽に手数料の出費も無く利用が出来るので、人気を集めているのです。

新生銀行カードローン レイクのサービスは他の人気キャッシングと同等の部分もありますので、申し込みを行う際にはそれぞれで比較を行い、自身にとってメリットとなる点を確認しましょう。

大きなメリットとなる無利息期間
選べる無利息サービス

所得証明、ATM利用手数料と他のカードローンやキャッシングと比較をしてもそこまで抜きん出たものではありませんが、新生銀行カードローン レイクは他には無い優れた無利息サービスがあります。無利息サービス自体は消費者金融でも多く行っていますが、新生銀行カードローン レイクの場合には「選べる無利息」となっています。

契約額が200万円までであれば選択が可能となる「5万円まで180日間の無利息」か、契約額は問わずに選択が可能となる「全額の借り入れが30日間無利息」から、どちらの期間を適用するかを選べるのです。

他社サービスの無利息期間の場合には、借り入れ金額の大小に関わらず30日間などとなります。そのため、少額を借りると無利息の恩恵を受けづらく、かと言って余計な借り入れをすれば無利息期間後の返済が負担となります。

その点、新生銀行カードローン レイクは少額の利用なら長い期間、大きな金額なら短い期間の無利息サービスを適用することにより、最終的な利息の負担を軽減出来るのです。

借りる金額や返済の期間によってどちらの無利息が得になるかは変わりますので、詳しくは新生銀行カードローン レイクの公式サイト上のシミュレーションを利用してみましょう。

週末でも契約が出来る良さ

銀行のカードローンにしても珍しく自動契約機を全国に設置をしている新生銀行カードローン レイクでは、週末の土日であっても、契約機が営業している場所、時間であればその日のうちの契約やカード発行も可能となります。

もちろん申し込みの時間や審査の結果、各手続きの内容次第では当日中に借り入れが出来ない可能性はありますが、平日の手続きに限定される場合が多い銀行のカードローンの中でも、急ぎの方でも新生銀行カードローン レイクなら安心が出来ます。

契約機でカードを受け取るとしても、申し込み自体はインターネットで行えます。ネットで審査を受けてから契約機でのカード発行とした方が無駄のない手続きとなるため、新生銀行カードローン レイクのカードを早くに受け取りたいのであれば、まずはネットで申し込みをして審査を受けておくと良いでしょう。

新生銀行カードローン レイクの申し込み条件の確認には、公式サイト上で行える借り入れ診断が便利です。簡単な入力項目で診断結果が画面上に表示されるので、確認をしてから申し込みを行うと良いです。

タイプ別カードローン特集情報

トップへ戻る