主に入学金や授業料など、教育にかかる費用を借りられる教育ローンは比較が重要です。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

教育には何かとお金がかかる

子供が大きくなり、学校への入学を考える歳になると頭を悩ませるのが教育資金です。高校や大学だけでなく、小学校や中学校でも学校によってはまとまったお金が必要となります。

入学金での大きな出費だけでなく、継続的に授業料などの負担も圧し掛かります。進学先によっては数十万円ではきかずに数百万円単位でお金が必要になる場合もあり、お金が足りなくなる状況も多々あります。

そうならないためにと貯蓄をしていても、足りなくなるほどにお金がかかるのが教育費用です。全ての貯蓄を切り崩すのも不安、貯めていたお金でも足りなくなってしまった場合には、金融機関で借りる教育ローンの利用を考えてみるのも良いでしょう。

教育資金に幅広く使える

教育資金を借りるローン

金融機関で借りる教育ローンは、教育に関連する使い道であれば幅広く資金使途として認められています。一例を挙げれば、メガバンクの三菱東京UFJ銀行で借りる「ネットDE教育ローン」の場合には、入学金や授業料といった基本的な教育資金に加え、教材の購入や塾の費用、留学の資金としても借りられます。

入学金については予め大まかな予測が立てられるとしても、在学中の教材の購入や留学にかかる費用などは見当がつきません。突然のようにやってくるまとまった出費となるため、それらの費用としても対応ができる金融機関の教育ローンは、大変便利で助かります。

余裕のある計画で返済ができるようにと教育ローンは借り入れ期間も最長で10年などと長く設定されている場合が多いため、大きな金額を教育で借りたとしても、毎月の返済負担は抑えられます。

また、ローン利用時に気になる金利も、金融機関で借りる教育ローンなら低金利となります。消費者金融プロミスアコムといったところで借りるカードローンと比べても大きな金利差があるため、教育ローンならローンが初めての方でも安心ができます。

ネットで来店不要の申し込み

金融機関で借りるローンと聞くと、教育ローンでも何でも店頭窓口での相談や手続きをイメージされる方が多いです。しかし、最近では銀行をはじめとした金融機関もネットでのサービスを拡大しているため、教育ローンに関してもネットでの手続きで進められるようになっています。

上にも挙げた三菱東京UFJ銀行のネットDE教育ローンの場合には、その名の通り申し込みはネットで来店不要で行えます。申し込み後の審査回答は最短即日、審査回答後は必要書類を郵送かFAXでの提出、契約書類の送付を行えば教育ローンの融資実行となるので、契約まで三菱東京UFJ銀行の店舗窓口まで行く必要がありません。

分からない部分や不安な点があれば店舗の窓口でも相談も申し込みもできますが、ネットでの申し込みであれば自宅で24時間手続きが始められるので、時間や周りの目を気にせずに申し込める大きな利点があります。

教育ローンの利用は、できれば周りには知られたくないと感じる方も多いです。最寄の銀行窓口での相談や申し込みは近所の方に見られてしまう、知られてしまう可能性がありますが、ネットでの申し込みなら知られずに進められます。

教育ローンの返済負担

教育ローンはクレジットカードの利用などとは異なり、大きな金額を借りる場合が多いです。数十万円から利用目的によっては数百万円となり、すぐには用意できないような金額であっても審査結果次第で借りられる可能性があります。

まとまったお金が必要な際に頼れる教育ですが、借りるにあたって気になるのは返済の負担です。ローンであるために借りれば当然ながら返済をしなければならず、返済の負担を気にせずに借りてしまうのは危険です。

その点でも金融機関で借りる教育ローンは安心ができ、三菱東京UFJ銀行のネットDE教育ローンであれば毎月の返済金額も比較的少なく抑えられています。元金据置期間を設定せずに毎月の決められた返済額を入金する場合であれば、100万円を年2.75%の金利で4年借りると、毎月の返済額は22,024円となっています。

100万円を借りても毎月2万円程度の返済であれば、家計をやりくりすれば無理なく支払っていける金額ともなります。また、借り入れ当初の返済は一定期間でも金額を抑えたい方は、元金据置期間を設けることもできるので、お金のやりくりが安定するまでは毎月の返済額を少なくできます。

元金据置期間中は利息のみの支払いとなるため、毎月の入金額は少なくなります。ただ、据え置く期間が長くなればなるほどに最終的な利息負担、支払い総額は大きくなりますので、無理がない範囲で長すぎない期間で設定すると良いでしょう。

教育ローンは利用条件に注意
条件をよく確認する

クレジットカードなどは専業主婦の方でも申し込みもカードの作成もできる場合が多いですが、教育ローンではそうはいきません。各金融機関によって異なりますが、教育ローンの場合には利用条件が比較的厳しくなっています。

厳しいとは言ってもそこまで高いハードルではなく、定める一定の年収や勤続年数など、ローンを利用するにあたっての基本的な内容となります。ネットDE教育ローンであれば前年度の税込み年収が200万円以上、勤続年数が1年以上といった形です。

その他にも保証会社の保証が受けられる方などの条件もありますが、これは申し込みの条件というよりは審査の結果に影響を及ぼす部分です。金融機関で借りるローンは大体が外部の保証会社を利用する契約となるため、保証会社の審査に通らないとローンの利用ができません。

保証会社の審査に通り、保証が受けられるとされて初めて教育ローンの利用ができますので、各金融機関の教育の利用条件の欄には「保証会社の保証が受けられる方」などの記載があるのです。

保証会社は金融機関や利用する商品によって異なり、利用をする銀行などの公式サイト上から申し込みを行うと、銀行側での確認や保証会社での審査となります。何も利用者側が銀行と保証会社の両方に申し込みをしなければならないわけでは無いので、特に手間がかかることでもありません。

定める申し込みの条件を満たしていれば教育ローンの審査が受けられますが、満たせない場合には申し込みを受け付けてもらえません。無駄な申し込みとならないように、手続きを始める前に利用先の金融機関の公式サイト上で利用条件をしっかりと確認するようにしましょう。

教育ローンに関する基本的な内容も、必ず公式サイト上でご確認ください。金利を含む商品内容は常に見直される可能性がありますので、最新情報は公式サイト上で確認が必須となります。

カードローンは向かない

教育資金として少額の借り入れを考えているのであれば、素早い対応が期待できるカードローンは選択肢の一つとしては挙がってくるかもしれません。ただ、カードローンは教育ローンと比較して金利が高く、用途は教育ローンよりも幅広いことや、繰り返し使えるなどの利便性の面では優れているのですが、どうしても返済負担が大きくなりがちです。

銀行で借りるのであればカードローンだとしても金利や利息は抑えられますが、カードローンの金利に優れるメガバンクの三井住友銀行みずほ銀行、低金利の代表的なカードローンとなるネット銀行のソニー銀行のカードローンなどであっても、やはり教育ローンと比較をすると金利が高いです。

教育ローンは大体の金利帯が3%前後であるのに対し、銀行で借りるカードローンは100万円を下回る借り入れでは17.8%が上限となるオリックス銀行カードローンもあります。100万円を超えてくると8%や10%となりますが、それでも教育ローンと比較をしてみると金利が高いのが分かります。

手軽に素早く便利に借りられるのがカードローンの魅力ですが、教育ローンの用途内での利用を考えているのであれば、返済負担を考慮してカードローンでの借り入れは優先すべきではありません。

ただ、カードローンは教育にかかる資金でも自分のために使うお金でも、個人が使う生計費の範囲であれば自由に借りられる利点もあります。教育ローンではまかなえない資金の借り入れ先としては、比較的金利が抑えられる銀行のカードローンは有用です。

銀行のカードローンの中でも、一定の条件を満たすと優れた金利で借りられるりそな銀行プレミアムカードローンのような商品もあります。ローン商品はそれぞれで特徴や内容が異なりますので、しっかりと比較をした上で利用をしてください。

トップへ戻る