りそな銀行のプレミアムカードローンは、申し込み条件にいくつか注意が必要です。

サイトメニュー

キャッシング色々
信金カードローン情報

大きな金額を頼れる金利で

りそな銀行の健全な消費性資金であれば幅広く使えるプレミアムカードローンは、最高800万円の限度額と年3.5%~12.475%の金利設定で安心して借りられます。申し込みから契約までネットと郵送で来店不要、審査回答も最短即日と早い手続きにも期待が持てますが、利用条件には注意が必要です。

50万円を超える利用となると他の銀行カードローンよりも申し込みの条件が厳しくなり、パートやアルバイトの方では利用が難しくなってしまいます。50万円型の利用であれば専業主婦を除いて安定した収入があれば申し込めますが、その他にも利用条件が定められているため、よく確認をしておきましょう。

基本となる申し込み条件

プレミアムカードローンの申し込み前に

りそな銀行プレミアムカードローンの申し込みを進めるにあたっては、次の条件を満たさなければなりません。条件外となると申し込みを受け付けてもらえませんので、よく確認をして下さい。

まず、基本となる条件です。プレミアムカードローンの申し込み時に満20歳以上60歳未満の年齢内で、継続する安定した収入を得ている必要があります。収入は50万円型までであれば金額は問われませんが、超える金額となる100万円型以上の申し込みを行う際には、前年度に400万円以上の収入が必要となります。

上記に加え、プレミアムカードローンの契約を進めるためには保証会社の保証が受けられることが条件となります。保証会社の保証と聞くと難しく感じるかもしれませんが、簡単に言えば「保証会社の審査に通過ができる方」となります。

保証会社を別で設けている銀行カードローン共通の利用条件となり、保証会社の審査に通らなければ契約はできないといった、至って当然の内容です。審査に通過ができなければ消費者金融プロミスモビットアコムなどでも借りられないので、どこのカードローンを利用するとしても当たり前のことです。

りそな銀行プレミアムカードローンの保証会社は、オリックス銀行カードローンイオン銀行カードローンと同じオリックス・クレジット株式会社となります。

第00位
おすすめ度:★★★★★
りそな銀行プレミアムカードローン
借り換えやおまとめにも適する
りそな銀行プレミアムカードローン
金利限度額審査時間収入証明
年3.5%~12.475%最高800万円最短即日300万円まで不要
限度額ごとに定められている金利は、大きな金額の契約となればなるほどに下がります。最も小さな金額となる50万円型でも年12.475%の安心の金利設定ですが、100万円を超えるような大きな金額となると、段階的にさらに金利は下がっていきます。他カードローンの利用があり、借り入れ金額でプレミアムカードローンとの金利差が大きい場合には、借り換えとしての利用も考えてみると良いでしょう。

コースで分けられる金利

りそな銀行プレミアムカードローンの金利は、限度額ごとのコースによって決められています。全体の金利は年3.5%~12.475%ですが、それぞれ限度額ごとに適用される金利が決まっているため、50万円の限度額で下限金利の年3.5%が適用されることはありません。

消費者金融などの場合には申し込みをして審査を受け、結果を見てみないとどの程度の金利になるか分からないため、利用前に返済のプランを立てるのが難しい部分もあります。

しかし、りそな銀行プレミアムカードローンなら希望限度額で金利が分かるため、実際に借りられたとした場合にどの程度の利息負担になるか、返済プランはどのようにするかが申し込み前に分かります。

審査結果によっては必ずしも希望額通りに借りられるわけではなく、希望額を下回る限度額となれば金利から来る利息負担も変わりますが、それでも適用される金利が明確になっているのは申し込み前の検討段階では安心ができる点でもあります。

限度額 金利
50万円型 年12.475%
100万円型 年11.5%
150万円型
200万円型 年9.0%
300万円型 年7.0%
400万円型 年5.5%
500万円型 年4.9%
600万円型 年4.5%
700万円型 年4.0%
800万円型 年3.5%

返済は借り入れ金額次第

金利は限度額のコースによって決まるりそな銀行プレミアムカードローンですが、毎月の返済金額は限度額ではなく、借り入れの残高によって決められています。大きな金額を借りれば返済額も大きくなり、少額の借り入れに留めれば月々の返済金額も小さくなります。

限度額が大きくても必要な金額が少しであれば何も無理に満額を借りる必要はなく、最低限の利用に留めれば大きくなりがちな返済負担も抑えられます。

また、例えば10万円を借りるにしても限度額が50万円型と500万円型では適用される金利に大きな開きが出ますので、大きな限度額での契約をしておけば、少額の利用しかしないとしても金利負担が抑えられるのです。

借り入れ残高 毎月の返済額
50万円以下 10,000円
50万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超400万円以下 50,000円
400万円超500万円以下 60,000円
500万円超600万円以下 70,000円
600万円超700万円以下 80,000円
700万円超800万円以下 90,000円

最低でも毎月1万円の返済が必要となるプレミアムカードローンは、どうしても月々の返済負担が重くなりがちです。月々の返済額を低く抑えたいのであれば、上限金利は劣るとしてもソニー銀行カードローンじぶん銀行カードローン、全国対応の静岡銀行カードローンなども見てみると良いでしょう。

キャッシュカードで使える利便性

プレミアムカードローンの頼れる金利での借り入れや毎月の返済は、りそな銀行のATMの他に対応する提携ATMで行えます。カードは専用のローンカードを使うタイプではなく、りそな銀行のキャッシュカードとの兼用となります。

カードローン契約時に専用のカードを作る必要はなく、りそな銀行のキャッシュカードを使うため、余計なカードを持ち歩く必要がありません。また、りそな銀行の口座を開設済みの方ならお持ちのカードで、口座が無い方はカードローン契約までの間に口座を開設するので、同じくキャッシュカードでの利用が可能となります。

キャッシュカードでカードローンが使えればカードを見られても借り入れがバレる心配は無く、ATM利用時も周りの目を気にする必要もありません。困ったときにすぐに借りられるのも、専用のカードではなくキャッシュカードで利用ができる利点でもあります。

その他、りそな銀行で公共料金などの引き落としの設定をしており、引き落とし時に残高が不足していると自動融資サービスで補ってくれるのも、キャッシュカードでカードローンが利用できる良い点です。

自動融資サービスはあくまで借り入れであり、利用がされれば翌月以降の返済が必要となります。頼り切ってしまうと借り入れが増える原因となりますので、あくまで補助的な機能として考えておきましょう。

土日の審査には対応をしていない

消費者金融をはじめ、最近では銀行のカードローンでも三井住友銀行カードローンのように土日の審査回答や連絡を行うところが多くなっていますが、りそな銀行カードローンの審査結果連絡は平日に限られています

インターネットでの申し込みは平日も土日も関係なく24時間受け付けていますが、審査の結果連絡は平日の10:00~17:00となります。時間外の申し込み分や審査結果については、翌営業日以降の連絡となるので注意が必要です。

また、契約後であればカードを使って素早い借り入れが可能となりますが、ネット申し込み後に送られてくる申込書を返送する手続きとなるため、初回の借り入れまでには時間がかかります。

急ぎで借りたい場合には希望内容に合わない可能性がありますので、手続きを始める前に商品内容をりそな銀行の公式ウェブサイト上でしっかりとご確認ください。

契約に必要な書類などもよく確認をし、不備が無いように進めましょう。書類に不備があれば再送などによって余計な時間がかかり、借り入れが遅くなってしまうため、何度も確認をしながら手続きを進めるようにしましょう。

トップへ戻る